更年期外来
  1. ホーム
  2. 診療科のご案内
  3. 産婦人科
  4. 更年期外来

更年期外来

更年期外来について

40歳代後半になり、「何となく体調が悪い」と考えている方や、40歳代前半で月経が不順になったり、無月経になったりしている方、「体調が悪いのだけれど」病院では「身体の異常がない」といわれて、困っている方、骨粗鬆症や動脈硬化症が心配な方、是非更年期外来を受診して下さい。

今の体の状態を、身体面・心理面から評価を行い、生活習慣の改善、更年期から増えてくる生活習慣病の治療や、骨粗鬆症、うつ病の治療まで積極的に行っています。

内科や精神科・心療内科などの連携も行いながら診療します。

更年期外来について

身体的・心理的評価

更年期障害やうつ病の問診察、骨密度検査、動脈硬化検査、ホルモン検査など更年期の女性の身体的・心理的評価を行っています。これらの評価に基づき、個別的な方針を決めていきます。

骨密度・動脈硬化の評価

特に更年期以降に問題になるこれら2つの検査について重視しています。

骨密度
骨密度
動脈硬化
動脈硬化

高血圧・高脂血症まで含めた総合的診断

これら内科的な病気も含め、総合的に治療の相談に応じられるようにしています。

定期的検査と安全なホルモン補充治療

「ホルモン療法は魅力的だけど副作用が心配」と思われている方も安心して治療が受けられるような副作用チェックプログラムを提供しています。

軽症うつ病にも対応します

うつ病の多くの方(8割から9割)は、精神科以外の科を受診されます。

更年期外来では、これらの患者さんに対しても、面接や抗うつ剤、抗不安剤の治療を行います。

精神科・心療内科と連携をしながら、診療を行っています。

更年期外来へのご質問・ご相談

メールにてご質問・ご相談をお受けいたします。

PAGETOP