リハビリテーション科
  1. ホーム
  2. あおもり協立病院・協立クリニックのご案内
  3. 各部門紹介
  4. リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科概要

  • 当院では主に入院患者様を対象とし、起き上がりや立ち座りといった基本的な動作や歩行練習、トイレ動作など日常的な動作の再獲得をめざしリハビリテーションを提供しております。
  • また、高次脳(認知)機能が低下された方やうまく声が出ない、食べ物や飲み物を飲み込むことができない方々に対しても評価、リハビリをおこなっております。
  • 施設基準:脳血管疾患Ⅰ、運動器Ⅰ、呼吸器Ⅰ
  • リハ病棟:回復期リハビリテーション病棟Ⅰ(5階48床、8階42床)
  • また、適切な抗菌薬を選択出来るように、感受性試験を行っています。
リハビリテーション風景

スタッフ紹介

リハビリテーション科スタッフ
  • 理学療法士25名、作業療法士21名、言語聴覚士8名の54名が在籍しております(2013年度)。20代から50代のスタッフが元気いっぱいに働いています。
  • 理学療法(PT)では、マット上での運動や歩行練習を行います。自転車やトレーニング機器を用いての筋力強化や体力の向上を目的に行う場合もあります。切断術後や麻痺がある方に対して、必要に応じて装具・義足や杖などの使用について助言・指導致します。
  • 作業療法(OT)では、主に腕や指の運動機能の回復や食事・更衣・トイレ・入浴などの日常生活に必要な動作の訓練・援助・指導を行っています。また、退院後の職場復帰や家事動作(調理・掃除)など患者様が生き生きとして生活を送ることができるようサービス提供しています。
  • 言語聴覚士(ST)では、コミュニケーション障害を抱えた方に対し専門的なサービスを提供し、自分らしい生活を行うことが出来るように支援しています。また、食事などの飲み込みの問題にも対応しております。
  • また、適切な抗菌薬を選択出来るように、感受性試験を行っています。

365日リハ提供

5階・8階の回復期病棟では、各階に理学療法士9名、作業療法士9名、言語聴覚士2名のリハビリスタッフが在籍しております。日曜祝日も365日体制で早期社会復帰、自宅復帰を目指し理学療法士、作業療法士がリハビリ室や病棟においてリハビリテーションを行っております。

卒後教育

  • 若手スタッフ増員に伴い、当リハ科では急性期から回復期、維持期までのリハビリテーションを幅広く提供できるスタッフ育成を目指し、卒後教育に力を入れています。
  • 新人スタッフに対しては若手、中堅スタッフを指導者として配置し、チームで新人教育に取り組んでいます。また、新人・若手スタッフに院内外での症例発表や学会への参加を促し、様々な経験を積んでいます。更に科内全体としては定期的な学習会を開催し日々邁進しております。
  • また、適切な抗菌薬を選択出来るように、感受性試験を行っています。

ご覧の環境では、object要素がサポートされておりません。下記よりデータをダウンロードください。

お問い合わせ

リハビリに関するご意見、ご質問など、お聞きしたいことは何なりとお話下さい。皆様の一日も早い家庭復帰へスタッフ一同、ご協力させていただきます。

PAGETOP