医師紹介

医療サイドの都合で、患者に負担を感じさせてはいけない 副院長 百成公美 どうみききみよし

認定資格:生活の発見会協力医・精神神経学会専門医
所属学会:家族療法学会・精神神経学会
出身校:弘前大学

診療の方針を教えてください。

本人とご家族の希望の処遇を心がけています。統合失調症などの場合は難しい面もありますが、可能な限り本人や家族のこうしたいという思いに沿った治療を行っています。
生協さくら病院の特徴は、やはり開放病棟でやっているということですね。つまり制限をできるだけ少なくして、ご本人の自由に過ごせるということです。ただし、そうすると事故などの心配もありますから、そのあたりとの兼ね合いを考えながら、しっかりとした体制で医療に臨まなければなりません。そうしたリスクを回避する手段として大切なのは、医療スタッフの「観察力」や「対応力」なんです。外に出ることをなくしちゃえば、全然気にしなくていいわけだから楽なのでしょうけど、医療サイドの利便性のために患者さんに負担を感じさせてはいけないというのが、当院の考え方の根本です。

生協さくら病院にはどんな患者さんが多いのですか。

当院の場合は高齢者が多くなっています。これは地域内でそうした病院の住み分けが出来ている結果でもあります。若い人は比較的新しいクリニックなどに行く傾向にあります。当院には長い歴史がありますから、患者さんが次第に高齢になってきて、必然的にそうなっている面もありますが、新患の大半も高齢者になっています。

百成副院長が精神科医を選んだ理由を教えてください。

最初の医療研修のあとは、ずっと精神科勤務です。精神科を選んだきっかけは、その研修中にいろいろな現場を回ってみた中で、この分野にやりがいを感じたからです。身体を治す場合は、適切な処置を行えばそれなりに健康になって行くんですけど、心の場合はそうはいかない。最初に担当したのはうつの患者さんでしたが、お話をしてお薬をだして、次に来たときに、まるで表情が違ってた。その次はもっとよくなっていた。そうした経過をみて、身体の病気を治すのとはまた違ったやりがいを感じたんです。たまたまそういう患者さんと最初に出会い、心を治すという医療行為に魅力を感じたんでしょうね。そうでなかったら違った道を選んでいたかも知れません。

患者さんに何かアドバイスはありますか。

日常生活に支障がでるようになったら受診をされた方がいいです。通常はうつ病の人なんかでも、症状が出て苦しくてもなんとか我慢しながら暮らしていきますよね。けれどもやはり仕事や家庭生活に何らかの支障をきたすようなら受診した方がいい。実はそれが病気の診断の条件でもありますが。できるだけ治療は早いほうがいいんです。

医師紹介

  • 西脇巽(名誉院長)
  • 院長 山崎照光
  • 副院長 百成公美
  • 石田俊悦
  • HOME