当院の特徴

当院は1965年に開設して以来、地域の人々に支えられながら「患者の立場に立った親切でより良い医療」を追求し、特に患者さまの人権と社会性を重視し、県内を先駆けて全開放医療を実践するほか、行政機関・他団体と連携して社会復帰のための環境づくりに努めてまいりました。

また、2006年4月に病院名を「生協さくら病院」と改め、病棟、デイケア・作業療法棟の増改築が完成。精神科病院の閉鎖的なイメージを一掃し、今まで以上に明るく開放的な病院となりました。さらに2012年4月には高齢化社会に対応する新たな精神科医療に向けて病院再編を行い、地域を拠点とする共生社会の実現に向け、認知症をはじめとする高齢者医療から介護、福祉までトータル的に地域のニーズに応えていける体制づくりに着手しております。

生協さくら病院 1病棟

1病棟は保護室のない、閉鎖病棟です。
精神疾患があり、身体的な合併症を持った方、認知症の方、社会復帰に向けてリハビリに取り組んでいる方の3つに分けてプログラムを組んでおり、看護師のほかに50:1の基準を満たすヘルパーと介護福祉士がケアに当たっています。

病院理念である「その人らしくいきられるようサポートします」をもとに、コメディカルと連携して社会復帰に向けた取り組みをし、「患者様が安心して地域で暮らせるためには」を常に追求し援助しています。

《病棟の概要》
  • 病床数70床(保護室なし)
  • 看護基準—15:1
  • 看護方式—ユニットケア
  • 看護記録方式—フォーカスチャーティング
《治療プログラム》
  • 精神療法
  • 認知症を対象とする作業療法
  • 精神一般を対象とする作業療法
  • 作業療法士による身体的リハビリ
  • STによる嚥下指導(週1回)

▲このページのTOPへ

生協さくら病院 2病棟

2病棟は、保護室を有する病棟として、急性期の患者様の受け入れや、主にアルコール依存症・うつ病・統合失調症の患者様を中心とした閉鎖病棟です。
アルコール依存症は、教育入院を行っています。うつの治療Gでは、認知行動療法的アプローチをしております。また、精神一般の作業療法では、社会復帰に向けた内容のものも行っています。

病院理念である「その人らしくいきられるようサポートします」をもとに、コメディカルと連携し社会復帰に向けた取り組みをし、「患者様が安心して地域で暮らせるためには」を常に追求し援助しております。

《病棟の概要》
  • 病床数70床(保護室4床含む)
  • 看護基準—15:1
  • 看護方式—個人受持ち制と当日部屋担当制+機能別
  • 看護記録方式—フォーカスチャーティング
 
 
《アルコール家族教室》
外来、入院患者様の家族を対象とし、月1回開催

▲このページのTOPへ

生協さくら病院 精神リハビリ科

《リハビリ科の概要》
  • 入院作業療法部門と外来デイケア部門の2部門からなります。
  • 施設基準 精神科作業療法
         精神科デイケア
         精神科ショートケア
  • スタッフ 作業療法部門:作業療法士5名
         デイケア部門:医師2名、看護師2名、作業療法士2名、精神保健福祉士2名
精神一般患者を対象とする作業療法、認知症を対象とする作業療法、アルコールリハビリテーションプログラム(ARP)、うつ病の作業療法(認知行動療法等)、機能訓練等を行っています。一見すると「楽しそうに何か作っている、遊んでいる」ように見える活動を通して、また私たちが日々のなかで当たり前に行なっているような活動を通して、普通に生活すれば誰もが出会うことを体験することにより、一日も早く社会に戻れる事を目指して日々取り組んでいます。

 

施設基準は、利用される方々のニーズに合わせた仕組みとなっており、利用される方々もご自身のライフスタイルに合わせて利用されております。参加する曜日により、プログラムが決まっており(例えば料理を行うグループ、創作活動を行うグループ、地域へ積極的に出かけ、社会資源を利用するグループ、スポーツや体操を行うグループ、他にも多種多様)、これらの活動を通して、個人のスキルを上げる、人と関わる体験を重視する、社会への積極的参加を促すなど、こころに病を抱える方特有の悩みに対し、具体的な活動を用いて援助しております。

入院作業療法・外来デイケア共に、病院理念である「その人らしくいきられるようサポートします」をもとに、他のコメディカルと連携し社会復帰に向けた取り組みを行い、「利用される方が安心してそれぞれの地域で暮らせるためには」を常に追求し援助しております。

▲このページのTOPへ

生協さくら病院 医事課

医事課は病院の窓口です。
診察受付や会計をはじめ、医事課には様々なお問い合わせが寄せられます。例えばバスの運行に関するものから、医療費、医療福祉生協に関するものetc‥。私たちはそうしたお問い合わせに対し、迅速かつ丁寧に対応することを心がけています。また、通いやすい病院づくりを実現するため、接遇研修などにも積極的に参加しています。
医療費計算などの間違いや、苦情相談を一つでも減らすために、スタッフ同士によるミーティングを定期的に行い、課題を出し合い改善していくことで、より良い医療サービスの提供を行う取組みもしています。

患者様の経済的・社会的負担を少しでも減らし、医療や社会福祉の資源をできるだけ活用できるように、医療相談室と連携しながら自立支援(精神通院)医療や、精神保健福祉手帳等の申請を行っておりますので、どうぞお気軽にご相談下さい。

▲このページのTOPへ

生協さくら病院 外来

外来は、医師5名・看護師5名のスタッフで構成されています。
病院理念でもある「その人らしく生きられるようサポートします」をもとに、患者様が安心して地域で暮らせる方法を追求し、医師、訪問看護ステーションや・相談室・ディケア・調剤薬局・医事課など様々な部署のスタッフと情報交換を行い、連携して援助しています。
外来は主治医予約制となっており、一人の医師が患者様を継続して診察しています。継続して診察することで患者様の治療経過を把握し、調子を崩しそうな時などは早めの対応を行います。また、来院した患者様には診察前に血圧を測ったり、最近の様子を伺う、定期的な検査を勧めるなどの健康管理も行っています。
通院中断を防ぐため、定期的に通院されている患者様を対象に予約外来を開始しました。

▲このページのTOPへ

生協さくら病院 薬局

現在、生協さくら病院の薬局は薬剤師2名の体制で、主に入院患者様のお薬を調剤しており、できるだけ患者様がお薬を飲みやすいように工夫しています。
また、患者様が薬物療法を続けられるために、薬の情報を詳しくお伝えし、安心して服用していただけるよう心がけています。薬についてお聞きになりたいことや、ご要望などがありましたらお気軽にお尋ね下さい。
私たちは患者様から情報をいただくことで、安全安心な薬物療法が続けられるように、他のスタッフと共同で考え、患者様によりよい医療を提供することをモットーとしております。是非薬局をご活用下さい。

▲このページのTOPへ

生協さくら病院 栄養科

私達は、「おいしくて」「安全で」「治療に役立つ」治療食をめざします!!
栄養科 医療宣言……1999年作成・2014年改訂

①食事委員会での患者さんの声・委員の声を皆で討議し食事に反映させていきます。
②クックチルシステム・HACCPの基準を通して調理技術の向上に努めます。
③「食」の安全を追求するためにも幅広い知識を身に付け、活かしていきます。
④セントラルキッチンと連携して患者様に喜ばれる食事をめざします。
⑤「食」を通して医療と社会保障を守り、発展させるために地域の人々と共に運動していきます。
※この宣言は、日常の医療活動および時代とともに、より望ましい宣言へ導くための第一歩とします。

《栄養科概要》
食事提供
①行事食有り
②セントラルキッチンと連携した食事提供 (管理栄養士・調理師・パートによる)
③管理栄養士による栄養管理
④成分別栄養管理による経口摂取の追求
⑤デイケア・デイナイトへの食事提供
⑥嗜好調査実施
⑦非常用備蓄食3日分有り
⑧食堂加算有り

▲このページのTOPへ

看護教育委員会

看護教育委員会では4名のスタッフが中心となり、新人看護職員の研修スケジュールの企画、実施をしています。また、新人を指導するプリセプターの研修や卒後2年目での他職種体験研修、3年目の患者体験研修企画、経験年数別の教育プログラムの企画・実施等を通して、看護部理念である、ハートフルな看護実践に向けて様々な学習の機会を提供しています。
院内に限らず、臨床実習に来る学生を指導する実習指導者とも情報を共有しながら、看護界の後継者育成にも積極的に取り組んでいます。

▲このページのTOPへ

地域医療連携室

精神科医療は、入院医療から外来通院医療へと転化しつつあります。障がいをもった患者様が地域で生活するためには、医療福祉の連携は必須です。院内外の関連機関との連絡・調整や様々な問題の相談を受け患者様が地域での生活を維持出来るように援助していきます。

  • 他の医療機関や施設からの患者様のご紹介の際に窓口として受診等の調整を行っていきます。
  • 受診・入院相談、経済的なことやご家族の日常的な相談を受けています。また障がい者自立支援医療や関連制度について患者様へご案内、説明しております。お気軽にご相談ください。
  • 利用時間 9:00〜16:30
    TEL.017-738-2101

▲このページのTOPへ

各部署の紹介

  • 1病棟
  • 2病棟
  • 精神リハビリ科
  • 医療課
  • 外来
  • 薬局
  • 栄養科
  • 看護教育委員会
  • 地域医療連携室
  • HOME