リハビリテーション支援機器導入
  1. ホーム
  2. リハビリテーション支援機器導入

リハビリテーション支援機器導入

近年のリハビリテーション医療における技術発展はめまぐるしいものがあり、その中でもリハビリテーションにロボットを取り入れる分野は注目を集めています。あおもり協立病院リハビリテーション科では患者様へより効果の高いリハビリテーションを提供するため、リハビリテーション支援機器として「Honda歩行アシスト(本田技研工業株式会社製造)」を導入しております。

 

 

Honda歩行アシストは「倒立振子モデル」に基づく効率的な歩行をサポートするための機器であり、歩行訓練の補助を行い、対象者自身の能力を引き出して改善します。Honda歩行アシストの対象となるのは主に脳血管疾患や整形外科疾患で、軽介助~自立レベルで歩行ができる患者様が対象となります。

 

 

仕組みとしては、まず歩行時の股関節の動きを左右のモーターに内蔵された角度センサーで検知し、歩行の特徴を捉えます。次に制御コンピューターがモーターを駆動することで足の運びを補助します。股関節の屈曲による下肢の振り出しの誘導と伸展による下肢の蹴り出しの誘導を行い、タイミングよく足を踏み出せる様にアシストします。その状態で何度か歩行訓練を繰り返し対象者へ正しい足の運び方を学習してもらい、最終的には補助なしでも足の運びが改善されているという仕組みです。

 

付属のタブレットに歩行時のデータが映し出され、歩行時の左右対称性・可動範囲・歩行速度などをその場で一緒に確認できます。そのデータを基により質の高い歩行や姿勢を提供していきます。実際に歩行バランスが悪い、歩行スピードが遅いといった患者様に導入し、転倒しにくく効率的な歩行の獲得に役立てています。

 

 

PAGETOP