医療福祉生協は、いのちとくらしを守り健康をはぐくむ事業と運動を大きく広げるため、これらの成果を踏まえ、医療福祉生協連の設立趣意書の内容を基本にして「医療福祉生協のいのちの章典」(いのちの章典)を策定します。「いのちの章典」は、憲法をもとに人権が尊重される社会と社会保障の充実をめざす、私たちの権利と責任を明らかにしたものです。



ともに組合員として生協を担う私たち地域住民と職員には、いのちとくらしを守り健康をはぐくむために、以下の権利と責任があります。


私たちは、知る権利、学習権をもとに自己決定を行います。


私たちは、個人情報が保護されると同時に、本人の同意をもとに適切に利用することができるようにします。


私たちは、安全・安心を最優先にし、そのための配慮やしくみづくりを行います。


私たちは、必要な時に十分な医療・介護のサービスを受けられるように社会保障制度を改善し、健康にくらすことのできるまちづくりを行います。


私たちは主体的にいのちとくらしを守り健康をはぐくむ活動に参加し、協同を強めてこれらの権利を発展させます。


contact_btn.jpgcontact_btn.jpg

practice_btn.jpgpractice_btn.jpg

information_btn.jpginformation_btn.jpg

01.jpg01.jpg
02.jpg02.jpg
03.jpg03.jpg
scholarshipsystem.jpgscholarshipsystem.jpg